Jama気ままな日記

カテゴリ:Travel( 34 )




古民家の宿

先週、母と一緒に愛媛県・内子町の宿に行ってきました。
母は2度目。
数年前に妹と一緒に行っていて、ワタシも行ってみたかった宿です。

この宿、公共の宿なのですが、とっても魅力的。
まず外観はごく普通の一軒家。築90年ほど経つ古民家を移築再生したものなのです。
スタッフはみんな、周辺に住んでいるおばちゃん。
料理は地域の家庭料理。

ワタシたちが宿泊した日は、ワタシたちともう一組。
夕飯はワタシたちだけでした。

■宿の外観
思わず「ただいま~」と言ってしまいそうな雰囲気。
f0045956_17133866.jpg


■玄関
f0045956_1728140.jpg


■囲炉裏があります。
f0045956_1715458.jpg


■囲炉裏ではワタシたちの夕飯のやまめを焼いていました。
f0045956_17294570.jpg


■夕飯
とれたて野菜を使ったヘルシー料理。
最近、こういった食事がとっても好きになりました。お年かしら??
とにかく丁寧に調理されています。
煮物も一つ一つ別に煮ているので手間暇かかっています。
二人のためにここまで手間をかけてくれているのがとにかく贅沢です。
内子あたりの散らし寿司には栗がのっているのが定番のよう。
f0045956_1718058.jpg


■山菜やお花のてんぷら
な、なんと、コスモスも食べれるそう。
黄色はちょっと毒があるみたいです。コスモスはフルーティーな味でしたよ。
f0045956_1719959.jpg


■朝食の写真を撮り忘れたのですが、朝食に出るご飯はこの水車小屋で精米されています。
f0045956_17311038.jpg


■水車小屋の中。
なるほどこういう仕組みなのかぁと。
f0045956_17321184.jpg


■宿の近くには蕎麦畑が。
とっても珍しいピンク色の蕎麦の花です。
f0045956_17223750.jpg


石畳の宿【愛媛・内子町】
所在地:愛媛県内子町石畳2877
TEL:0893-44-5730
一泊2食付き 8500円
http://www.town.uchiko.ehime.jp/soshiki/3/isidayaminoyado.html


スタッフのみなさんとのおしゃべりも楽しく、温かく、とても素敵な宿でした。
近所の農家の方は「泊っている人に食べさせてあげて」と佃煮や野菜などを持ってきていました。
町のみんながこの宿を運営しているんだなぁと町の団結力というか助け合いの精神にも感動。

また春に訪れたいです。
[PR]



by jamajama30 | 2010-10-26 17:23 | Travel

海のしょうげつ

10月初旬に訪れた宿が素敵だったので備忘録。
横浜から車で4時間ちょっとでたどり着いた愛知県知多半島の宿
しょうげつ」。
まず宿の駐車場でいわゆるふつーーの車がなくってビビったワタシたち夫婦(笑)
スーパーカーってやつとか、ベントレーとか。

この宿は全部で10室。
部屋からは海が一望でき、部屋には露天風呂付き。
ロビーもこじんまりしています。

訪れた日は久しぶりの晴れ。
キレイな海の景色を眺めることが出来ました。

■ロビーからの景色
f0045956_14442460.jpg


お部屋もかなり広く、ゆったり過ごせます。
部屋の露天風呂も温泉。
ゆったりサイズです。
食事はダイニングに移動しますが、完全個室です。
食事の内容ですが、夕食、朝食ともにとにかく品数が多いです。
そして、見た目も味も繊細。
ちょっとだけ紹介。
まずは夕飯。

■先附
”秋”って感じでしょ。
f0045956_14453512.jpg


■焼肴
天然河豚と車海老。熱い石で焼いて頂きます。
河豚も車海老もぷりぷり。あっさりしていて素材そのものの味を堪能できました。
f0045956_14471024.jpg


■強肴
特選飛騨牛ロースすき鍋。
このお肉、溶けます!!
個人的にはささっと炭で炙って塩で食べたいいいお肉。
すき鍋は味が濃いのでもったい感じ。
でも、宿は月ごとにメニュー変えなきゃいけないからなぁ。
f0045956_14482317.jpg


最後にボリューミーなデザート付きっていうのがとっても嬉しい♪
あと、帰りにはお夜食としておにぎりを渡してくれました。

翌朝の朝食もとにかく品数が多い。
全部で10品以上あったと思います。

■干物
右の干物はアナゴです。初めて食べました。
どの干物も絶品です。
f0045956_14493216.jpg


■自分でのんびり焼いて頂きます。
f0045956_14503882.jpg


宿のスタッフのみなさんも付かず離れずちょうどよい距離。
きちんと教育されているなぁという印象。

また来年2月に来たい!!と思い聞いてみました。
「コドモOKですか?」と。
予想はしていましたが、12歳以下のコドモはNGとのこと。
残念だけどしょうがない。
今まではのんびりしたいからといって、コドモNGの宿や温泉を選んでいたワタシたち。
自分たちにコドモができるからってそう都合のいいことばかりではないですからね。
今度ここに来れるのは12年後かしら?

チェックアウトをし、少しは観光したいね。ということで帰り道に焼き物が有名な常滑に。
常滑やきもの散歩道はとっても風情がありましした。
ここで、「そういえばすき焼き用の取り皿ないよねぇ」なんて言い訳しながら焼き物を色々購入。

■かわいい焼き物発見!
f0045956_14513396.jpg


初めて訪れた知多半島、いい場所でした♪
[PR]



by jamajama30 | 2010-10-20 14:51 | Travel

うどん学校

とにかくダンナさまは麺には目がない。
数年前に金毘羅に来た時からずっと気になってたうどん学校に
行きたいとのことでお付き合いしてきました(笑)

場所は、こんぴらの入り口。
中野うどん学校

前半後半で1時間。
前半は熟成された麺を伸ばして切って、うどん作り。
後半は生地作り。ここで作った生地は自宅に持って帰れます。


■生地作り
f0045956_11212166.jpg


■生地完成
 ここから1時間半寝かせます。
f0045956_11214261.jpg


■自分で伸ばして切ったうどんです。
 釜上げで頂きました。
f0045956_1122026.jpg


麺は腰があってなかなかの出来。
ただし、やはり決めてはダシ。
次はダンナさまにダシを極めてもらわないと~!!

うどん打ちがダンナさまの中国での趣味になったら、
中国でもおいしいうどんが食べれることになるかも♪
[PR]



by jamajama30 | 2010-10-05 11:22 | Travel

f0045956_1743460.jpg

一昨日、ダンナさまが1ヶ月半ぶりに帰国しました。
出産前に夫婦二人での最後の旅へ。場所は愛知県知多半島。

今日はお天気もよく、お部屋から、海に沈む綺麗な夕日がみれました。
[PR]



by jamajama30 | 2010-10-01 17:43 | Travel

中国視察 ~無錫~

何事も順調にいけば来年5月ころからは中国で生活する予定。
週末の中国旅行は、どの辺りに住むか(住めるか)を視察し、
住んでいる人にもお話を伺うことが目的。

■無錫(むしゃく)
上海から車で2時間半くらい。
7月に新幹線が開通し、これなら30分。
現在、ダンナさまが住んでる地域がこちら。
今は単身なのでサービスアパートメントに住んでいます。
道を渡ったらウォルマート。その裏にはアディダスやナイキが入ったアウトレット。
街は普通の都会です。
f0045956_0212821.jpg


中国一食目の食事は無錫の日本料理店でなんとお好み焼き(笑)
翌日のランチは、稲庭うどん、てんぷら、鉄火丼、茶碗蒸し、煮物の定食。
日本よりも満足な定食。これで650円くらい。
和食には困りません。
スーパーも問題なし。
ただし、無錫には日本人学校がないので、子供が少ない。
あと、日本語の通じる病院、日本人医師がいない。

ダンナさまは無錫で子育てする日本人ののパイオニアになってみたら?というけれど
うーーん、初子育てにはリスクが高いような。

あ”ーー中国語教室も早く通いださないと。。。
[PR]



by jamajama30 | 2010-07-21 00:21 | Travel

モルディブ

天国でした。


f0045956_2336024.jpg



f0045956_23362061.jpg


そしてもはや遠い昔(涙。。。)
[PR]



by jamajama30 | 2009-10-18 23:36 | Travel

週末さくっと

沖縄に行ってきた。
8年ぶり2回目の沖縄。
梅雨がないのは北海道だった。。。沖縄は梅雨真っ只中。
と、いうことに3週間前に気がついたけど、もう遅い。

仕事終わって最終便で那覇へ。
この手軽な感じがよい。
羽田から2時間ちょっとでリゾートです。

しかし、暑いっ!

週間天気予報だと滞在ずっと雨だったけど、実際は晴れ時々曇り。
雨に降られることはなかった☆

いきなり蒸し暑い場所に来たせいか、体温調整が出来ない。
熱が身体にこもって苦しい。

まずは熱を冷まさなくては~~
と、”氷ぜんざい”を。
氷の下に金時豆の冷たいぜんざいと白玉が隠れている。

f0045956_2341069.jpg


やっと苦しさから開放されました(笑)。

ここからは本調子!
沖縄らしい食事三昧&泡盛三昧をしつつ、海に癒され、沖縄の人たちに癒され、ステキな旅が始まったのでした。

つづく。
[PR]



by jamajama30 | 2008-06-15 23:04 | Travel

充実の伊豆の旅

日曜日の朝から伊豆に向かう。
今度こそ充実の伊豆の旅にするぞーー!と意気込んで。
だって、伊豆には2、3ヶ月に1回は行ってるけど、だいたいひたすら食べて飲んで途中で寝るっていうダラダラの旅。
伊豆って食べ物おいしいし、都内じゃ飲めないお酒もあるんだも~ん(笑)

今回、まずはずーーっと前から気になってた伊東近辺のバリ雑貨のお店に行き、若干テンション高めに雑貨購入。
それから、海洋公園でこの12月にもぐってる友達の所に寄り、30分くらいひたすらしゃべって、はい次!
あやうく、潜らされそうになったけど、無事脱出(笑)。寒いの嫌いですから。

稲取の「網元徳造丸 海女の丼家」でランチ。
漬け丼は前に食べたしぃ、きっと夕飯はお刺身出るから天丼で!!
テーブルに届いてビックリ!あぁ、、、メニューには「ビックリ天丼」と。。。
f0045956_20155081.jpg


確かにおいしい!!
ただ、この量、罰ゲームなんですけど。。。
「びっくり」がついてるお品は今後オーダーするのはやめます。

割り箸の長さくらいの天丼の高さ。
最後だしをかけて食べるので2回おいしさは楽しめるのですが、この量は半端ない。
すみません、もったいない世代のワタシでも残しました。

このお店、足湯がある。伊豆までの疲れた(たいして疲れてないけど)カラダをリフレッシュ。
f0045956_2016634.jpg


そして、川津の温泉宿に向かうのでした。
(ここ、頻繁に行かせてもらっている川津のお友達の別荘まで歩いていけそうな場所でした)

それが、宿の着いたらフロントで残念なお知らせが。。。「温泉の源泉のポンプがダウンしまして、温泉に入れません」と。
えーーーー!!
めっちゃくちゃ残念なお知らせじゃーーん!
でも、近くの露天風呂も立派な温泉に送迎付で連れて行ってもらいました。
そして、ぜーんぜんお腹すいてないのに夕飯。
天丼にやられ、あまりの満腹に味わうことはできず。。。
朝には宿の温泉もなおり、すっきり朝風呂。最高ですなぁ。
結果的には他の温泉の味わえたし、お詫びのしるしで夕飯時のドリンクフリーだし、朝は温泉直ってるし、良かったじゃーん!って。

それから、ずーーーと行ってみたかった七滝へ。
f0045956_20162196.jpg



つり橋もあって風情豊か。紅葉も綺麗でした。そして、ちょっとした冒険を味わったのでした。
7つの滝を見終わったら膝が笑っていましたが(涙)
f0045956_2017242.jpg


それからまだまだ紅葉が綺麗な修善寺に行き、またまた温泉はいって、沼津の漁港でおいしいお寿司食べてちょっと前に無事帰宅~
f0045956_20163431.jpg

f0045956_20164733.jpg


みかん狩りができなかったのは残念でしたが、かなり充実の伊豆の旅、温泉三昧の旅でした♪
さ、明日から年末繁忙期に向かってかんばるぞ!
[PR]



by jamajama30 | 2007-12-10 20:18 | Travel

サプライズ@湯沢

朝5時過ぎに起きてテレビみたら、水戸はなんと1度!都内は何度っけ?5度くらいだっけ?
うっ!真冬だ。。。今シーズン初のダウンを引っ張り出す。
週末はお友達と湯沢だったのだ♪
今回のテーマは「自然美」。
完全スッピンで現れたワタシ。スッピンも「自然」ってことで!ってやさしいお言葉!!

さて、友達と旅行に行くと、とにかくすっごーーーい寝るワタシ。。。いつもすみません。。。
それが今回は湯沢に着くとあまり眠くもなく。
なのに、みんな「じゃま~ビール飲みなよ」とか「寝転びながら雑誌読んでたら、寒いでしょ。布団かけてあげるね」って、それじゃーまたすぐに寝ちゃうからーーー!と思いながらやっぱりぐっすり寝てしまった。

で、起こされたら完璧に夕飯が準備されてた!おいしそーな食事~そしてそして、シャンパンとケーキまで☆
「じゃま~誕生日おめでと~~」と。
すっごーーい嬉しい!!だって、すっごいサプライズなんだもん。
すっかり今月誕生月ってことも忘れかけてた。

f0045956_1442798.jpg

画像が良くなくてすみません。。。

念願のお手製のルンピアをパクパク食べ、大好きなMOETをゴクゴク飲み、う~~ん幸せ~って思ってたら、いきなり宅急便が届いた。
箱を開けるとなんとお花♪美しすぎる。

f0045956_1451884.jpg



あまりにもみんなからの素晴しいサプライズに泣けてくる。本当に本当にありがと!!
だけど、こんな寝起きでゴメン!

ステキなお花を眺めながら食事は続く。このルンピア、止まらない。そして、お手製ソースのナチョスも止まらない。ヤバイなぁ。
そうこうしたたら、「トムヤム鍋」登場~
おいしーー!!さっぱりしてて、他のお料理ともあうし、こちらも止まらず。組合せ最高だなぁ。どのお料理もぜーーんぶおいしかったです☆そして、翌日まで止まらなかったです。

それにしても、このサプライズの後で考えたら、友達のおかしな言動が多数(笑)。

じゃま:「温泉入りに行こうよ~」
友だち:「今日はワタシたちが食事係りでしょ。準備するから、じゃま一人で行っておいでよ~」
じゃま:(寂しいなぁ。。。)

<買出し中にて>
じゃま:「ねぇねぇ、スパークリグワインかシャンパン買おうよ~」
友達:「お腹いっぱいになるからワインにしようよ」
じゃま:(あれっ?シュワシュワしたやつ好きじゃなかったっけ?)「じゃあ、ワインにしよっか。。。」

じゃま:「今日、抹茶バームクーヘン持ってきたの。生クリームつけて食べるとおいしいよ」
友達:「あ、今日持ってるから。缶のスプレーのやつ」
じゃま:(はっ??普段から缶スプレーのクリーム持ち歩きは普通????謎だ。。。)

今思い出してもおもしろすぎる。
すべて却下でちょっと寂しかったけど(笑)

今回の湯沢の旅、本当にステキな思い出が沢山出来た旅でした。
ありがとねーーー

お花は部屋に入る度に眺めて幸せな気分を浸っています。
f0045956_1453462.jpg


では、次回はじゃま邸にて忘年会で!
[PR]



by jamajama30 | 2007-11-20 01:54 | Travel

フィジー情報

今回の夏休みで行ったフィジー。情報が少ない。
ガイドブックにもホテル情報がメイン。結局何も持たずにフィジーに向かった。

------------------------------------------------------
時差は+3時間。日本から直行便で8時間半くらいで到着。ニュージーランドの上のあたりにある。
公用語は英語。1970年にイギリスから独立。
面積は四国とほぼ同じ。人口約84万人。(世田谷区の人口と同じくらい)
人種はメラネシア人とポリネシア人の混血とされるフィジー人とインド人が半分づつくらい。
通貨はフィジードル。(1ドル80円くらいだった)
物価は日本よりも少し安いくらい。
------------------------------------------------------

フィジー人もインド人も肌の色が濃い。見分けは髪の毛が直毛かクルクルかだけど、顔を見れば判別可能。
どこに行っても「BULA!」
BULAって言葉にはおはよう。こんにちは。こんばんは。調子はどう?などなど多くの意味がある。
とにかく、人にあったら笑顔でBula~~
気持ちいい。挨拶って大切だなぁってつくづく感じました。

フィジー人は今でも「村」を作って生活していて、村には長老がいるらしい。
車で走っていたら、村がたくさん。
インド人は自分が好きな場所に家を建てて住んでいる。
今回、ワタシたちは基本的にホテルの外にはほとんど出てないのですが、ホテルでも多くのお店でも接客をするのは基本的にの~んびりしていて、人懐っこいフィジー人。
このフィジー人、男性も女性もとになくデカイ!女性は特に横にもデカイ!
男性は多くの人が腹筋が割れている。何もしなくても割れているんだって。しかもイケメン揃いです。
えーっと、女性はというと、ひげが生えてる女性もいて。。。それが口の周りの産毛のような髭じゃなくって、顎鬚がぼうぼう生えてる女性もいてびっくり!!
コックさんやドライバーはインド人。絶対に経理は数字に強いインド人だと思う。

◆ホテルの近くの村の子供たち。かわいいです。
物をねだったりすることもなく、みんな「bula!bula!」と。
f0045956_11444893.jpg


◆ホテルのシーフードレストランにて。みんな女性です。ちなみに、髭は生えていない方々です。
この左の女性がEMAさん。すっごいおもしろい人でもあり、肝っ玉母さんって感じの人。
また今度出てくるシーフードレストランのマネージャーです。
f0045956_11454744.jpg



フィジーに行って驚いたのが、ベビーシッターのお値段がすっごく安い。
プールも子供用と大人用が別れていたのですが、子供用プールには男性スタッフがいて、ずーっと子供たちの面倒を見てくれている。
その間、親たちはのーーんびりしている。
フィジー人は男女ともにとっても面倒見がいいらしい。他人の子供にお乳をやろうとしたりするらしい(笑)
これって、きっと村で生まれ育ち、他の家族の面倒を見ながら生活してきてからだろうなぁ。と想像。
子供たちも、カラダも心も大きなフィジー人が側に居てくれたら安心するだろう。
子供連れで訪れるのは最高の国かと。

みんな商売する気はあるのか??って感じでもちろんビーチにいてもアジアのビーチのように物売りがきたりしないので、ひたすらのんびり出来る。
ワーウィックホテルは夜にタオル交換やアメニティグッズや紅茶、コーヒーを補充に来てくれるのですが、ワタシが顔馴染み(?)の人(フィジー人)は「大丈夫」っていってるのに、「これは?これは?」と言って、沢山くれる(笑)
ワーウィックってオーストラリア系ホテルだけど、今のオーナーはシンガポールと香港のチャイニーズ系。
ワタシたちは「スタッフがこんなことしてるの知ったら、チャイニーズ系のオーナーは怒るだろうねぇ」と。

フィジーに着いたとき、「フィジーではフィジーTime」なので日本のように時間通りにはいきませんので気をつけて!といわれたけど、何事もかなり時間通りでビックリ~

日本でのフィジー情報ではどうも「ハネムーン」ってイメージが強かったのですが、バックパッカーも多いようで、それようのホテルも多数あるとのこと。
道はすごくわかりやすく、左側通行。レンタカーを借りても問題ないです。
今度フィジーに行くときはレンタカー借りて行き当たりばったりに旅をしてもいいかなぁと。
[PR]



by jamajama30 | 2007-09-22 11:47 | Travel
横浜市在住。2010年11月24日に無事男の子を出産。現在実家の愛媛にて育児中。来年5月ころには夫が駐在している中国蘇州or無錫にて育児を開始する予定です。
by jamajama30
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧